ヒール靴と付き合う

足をすらっときれいに見せてくれるヒール靴。


普段はもっぱらペタンコ派の私。

おしゃれ的にもキレイ目なスタイルをしても

足元はペタンコのスタイルが比較的好きなのです♡


また仕事柄(ショッピングアテンドの際は4時間くらい普通に歩き回る)

歩き回る仕事の時は、スニーカーやペタンコ靴を履くことが多いのです。


ただ~~

今の気分は華奢なヒール派♡♡


歩いても疲れにくいヒール靴を探して探して探して・・・


今年はこちらと出会いました♡


デニムと合わせると、大人カジュアルに



スカートに合わせてフェミニンに


マノロブラニクの定番のサンダル♪

華奢なのに歩きやすいんです!

私の足型にはあっていたよう♪


ただ、足に合った華奢なヒールサンダルを選ぶのは

私の中で難題でした。


足の幅(ワイズ)、

かかとの幅(パンプスの場合結構ここが合っていないと靴擦れしやすい)

足の長さ(足長)足の指のカタチ、靴の素材などなど・・・


写真のような突っ掛けて履く華奢なサンダルは、

ヒール位置が気持ち内側にあると

体重を支えやすく歩きやすくなります。

また、気持ちかかとが出るくらい(2㎜-3㎜)の

サイズ感の方がヒールから足にかけてのラインがきれいなうえ

疲れにくいと言われています。

←つま先がないサンダルに限ります。

 つま先が覆われているサンダルはジャストサイズ~少し大きめを選び

 滑る場合はつま先インソールなどで調整した方が

 足を圧迫せずに良いと聞いたことがあります。



素材によっても選び方が変わってきます。


スエードは伸びが良いので、少し伸びる(なじむ)ためそのあたりも考慮。

柔らかくて足になじみやすいのも特徴。


パテント(エナメル)は硬く伸びが少ない(あまりなじまない)です。

”使用してるとなじむから~”と小さめを選んでしまうと

とんでもなく痛く履けないなんてこともありますので注意です!

高級感はありおしゃれで好きなのですが、

硬さがあるためなじむまで

少しお時間かかるイメージです。


余談ですが、パンプスはかかとと履き口の2か所で支えて履きます。

ここが合っていないとスポスポ抜けて歩きづらくなってしまいます。


靴は絶対に試着して購入してくださいね(^^)/

しかもお店中を歩き回ることをお勧めします!

閲覧数:17回0件のコメント