ジャケットをまとう

季節の変わり目、寒暖差も激しく体温調整が難しい時期ですよね。


トレンチコート、ジャケット、ナイロンパーカー、ジレ

などなど、脱ぎ着がしやすい羽織物が大活躍の時期♪


今回はジャケットについて。


ひとことでジャケットと言っても

様々なカタチがあり、似合う似合わないがあります。


簡単に説明していきますね。


※骨格が立体的で上重心の方は、

大きすぎず小さすぎずのジャストフィットの

テーラードのジャケットが

スタイル良く見えると言われています。


           ZOZOTOWNより引用


          ZOZOTOWNより引用


※骨格が平面的で身体が薄く、下重心の方は、

短めのジャケット、丸首やペプラムジャケットなどが

スタイル良く見えると言われています。


          ZOZOTOWNより引用


          ZOZOTOWNより引用


※上重心、下重心などではなく、骨が目立つ方は、

オーバーサイズのジャケットを

ざっくり着るとスタイル良く見えると言われています。


        ZOZOTOWNより引用



          ZOZOTOWNより引用


など、骨格によって似合うカタチが違ってきたり、

顔のパーツにより、かわいい系やかっこいい系など

似合うパターンがちがってくるとも

言われています。


とは言え、着たいものを着たい!

といういつもの私の言い方ですが、

私は、下重心なので短めジャケットタイプが

似合うわけですが、このジャケットが着たいんです(^^)/



          ジャケット:マディソンブルー(エストネーション別注)


少し大きめのダブルジャケット♪


顔のタイプ的にもあまりかっこいいタイプが

残念ながら似合いません・・・><


私がこのジャケットを着る場合は、

ハイウエストのスカート合わせや、

インナーを首が詰まったものなどいろいろ工夫をしてきています(^^)


ショッピングアテンドのお客様にも、

骨格やカラー診断のタイプとは違うものも

おすすめしちゃいます!


お客様自身がなりたい自分に近づけるためには

診断タイプの枠組みの中で縛られてはもったいないから!


苦手なアイテムや色もどう取り入れれば、

自分らしく着れるか、

ワクワクするスタイリングを提案していきたいと思っています!


もちろん、似合わせるためのポイントも

一緒にお伝えします(^^)!


脱線しましたが、私は、最近はこんな感じで


          トップス:ロンハーマン

          スカート:エストネーション

          シューズ:コンバース

          シャツ・スカート・コサージュ:マディソンブルー

          シューズ:カシヤマ (セミオーダー)



目線をあげてあげる着こなし、

かっこよくなりすぎない着こなしを目指しての

コーディネートを心がけました(^^)


閲覧数:25回0件のコメント